他人の星

déraciné

夜ごとの 訪問者

「ねぇ きみ」 僕は この声に 慣れている この声を 知っている 夜ごと あらわれる 轢死した という 男の 声だ 「あの 遮断機も 警報機も 人を 電車から 守るためのものじゃない です」 また そこから 話すか と 思いつつ 僕は 布団の上で 身じろぎもしない …

遺書

遺書を書いて それから つかの間 この世に 顔を出して 振り返れば 水が一滴 落ちる間 くらいに とても 短く けれども あの太陽に じりじりと 照りつけられれば 永遠のように 長く 雨の夜には 雨音が こっちへ こっちへと とても 易しく 道筋を つけるから と…

機械 ノ 涙

ずっと ずっと 雨 だった ような 気がする ずっと ずっと 晴れ だった ような 気がする いまは ただ 風が吹いている 死にものぐるいで やすらぎを 探すのに そんなものは どこにもない 水を打ち 波を立て 木の幹を 引き裂いて 泣き叫び どこまでも どこまで…

2月の空

「すみません」 という 言葉を その場しのぎの 言い逃れ みたいに 何度も 何度も 言っている うちに いつしか 何の 味も しなくなる 「すみません」 すみません って 何だっけ 「ありがとう」 という 言葉を 背筋に 寒気がはしるほど ほんとうは 言いたくも …

鉛の兵隊

光から わが身を 隠さんがため 迷彩服 着た すれっからし 指で 空を 四角く 囲う だだっぴろい 空 など 無用の長物 腹いせに 高く うつろな 尖塔を いくつも いくつも 空へ 突き刺す まるで 太陽でも 砕ける ような 轟音 爆音 鳴らせば 天地を 支配した よう…

bus stop

ぼくは ひとり 誰も 乗っていない 深夜のバスに ゆられている 雨や 風に さらされて 守るべきものも 何も なくなった 破れて 疲れた ビニールハウス みたいに バスは 闇の中を まっすぐ 走っていく ねぇ きみは いつも ぴかぴかで いつも 目的 めがけて 迷わ…

Let's Dance

踊れ 踊れ お人形さん この世は 楽しい ダンスホール きみは どっち ダンサー それとも ダンスホール ダンサーは もちろん 花がた スター どんな 床でも 思いのまま 難しい ステップ きめて すべるように 華麗に 踊る ごらん 彼が 踊る ダンスフロアを おび…

涙の お池

おなかが すいた ハンプティ・ダンプティ 小さな お庭の 塀に 座って 食べもの といえば 自分の 涙 だけ くる日も くる日も ひっきりなしに 泣き続けた ものだから 涙は やがて 小さな お池に なった ある朝 まぶしい 太陽と 真っ青な 空が お池に 映って ハ…

「メンドクサイ」

「ねぇ めんどうに なったんでしょ あたしのこと あたしだって あたしのこと めんどくさい もの」 けだるそうに 目をほそめ むくれて 窓のそと 行き交う人を 見るともなしに 見ている きみの 白い 頬が まぶしい 斜陽の いたずら 「だから もう いいじゃない…

「息を して」

熱く 冷たい 砂浜を ただ ひたすらに かけていく 足を とられ 息を 切らし 高く 深い 砂丘で ただ ひたすらに もがきつづける のぼっているのか 落ちているのか わからずに 「こころ」「からだ」「たましい」 呼び名など どうでもいい ただ あなたの その頬…

逢魔時

生者と 死者が 行き交う その刻 闇の 重さに ねじ伏せられて 太陽は 決して 明日を 約束しない 「金色(こんじき)の麦 この胸 いっぱいに 積んだら 帰ろう」 と それが ただの書割だと 気づく頃には もう 遅い 頭上に 迫る 黒雲と 稲光 カラスの群れが 最後…

星月夜

ぼんやりと 目が かすんだように 世界の 何もかもが 二重にも 三重にも にじんで 見えることが ある きのうまで つい 一瞬間前までは はっきりと しっかりとした そのかたちにしか 見えなかったものが 光 でさえ 闇 でさえも もはや わたしに 親(ちか)しく…

日暮らし

でこぼこした 熱い アスファルト とおり雨が 残した 気まぐれな 水たまり 泥水の 上にも まぶしい 太陽が 反射して 直視 することは できない ヒグラシが 鳴く 晩夏の 夕暮れ 落ちくぼんだ 道端に からからに なって 上向いた ブローチみたいに 完璧な セミ…

鈍色の まぶたの 間 から 線香花火 のような 太陽 が 顔を 出す 黄色く 濁った そのひとみは わたし あるいは ほかの誰かが 死んでも いちべつも くれは しない みずからの 重みと 熱と まぶしさ に せいいっぱい だから 風が どこから か 甘い 花のかおりを…

雨あがり

幼い きみは たどたどしく 二本の 足で 歩いていく 草原で すっくと立った あの日から ヒトは 大地と はなればなれになった その 運命を 小さな からだは もう 知ってる 伸びたつる草も 生い茂る緑の とがった葉っぱさえ まだ 脅威だ というのに 小さいきょ…

想い

誰かが つくった 歌を うたい ぼくは 珈琲の 豆をひく ぼくの 耳に ぼくの 声 ぼくは ぼくの 歌声になり それから ごりごり 豆が すれる 音 になる そして そう遠くない どこかで きこえる ピアノの音 になり やがて 電車が 線路を轢きつつ 走っていく 音に…

Pavlov dog

むきだしになった 唾液腺が 呪わしく 狂おしく 反応する その あらわで あからさまな 欲望と 渇望は 見世物小屋の どんな見世物よりも 奇異で あわれで 真実で いま 鳴るか いつ 鳴るか 主人がならす ベルの音を かたずを飲んで 待っているのは 牡蠣 のよう…

シュルレアリスム

少し 前まで は いくばくかの 静寂があった たとえば 信号が 変わる 瞬間 「まて」 が 「すすめ」 に変わる 一瞬 それが いまでは シュルレアリスム それは 彼岸 のものか それとも 此岸 のものか あるいは 無意識に のぞき見る 自らの 深淵から 響くものか …

Phantom

胸に 幾何学模様の ひびが入る ガラスが 割れて 冷たく光る 小さな破片が 体じゅうに 突き刺さる 世界へ向かって 愛を叫ぶのにも すっかり 疲れて しまった 一瞬の 風にしみる 涙も 痛みも 苦しみも きっと 知らぬ間に 胸に 巣喰った 化けものの しわざだ と…

まぼろし

人っ子ひとり いない 街 交わす声も 言葉もない 交差点 風だけが 行ったり 来たり そんなの 好きかい? 灰色の壁が がたがた ふるえて 見てる 鉛色の シャッターが 重々しく ギロチンのように 落ちて あたまが ころがり 天を あおぐ そんなの 好きかい? い…

「サクラ サク」

それは まるで 此岸の おとぎばなし 喧噪 錯綜 迷走 妄想 結局 沈黙 けれども 桜は 彼岸の 花 だから 素知らぬ顔で 花 ひらく 成功 奏功 大成 成就 そんなものを 「サクラ サク」 と いうけれど 桜は 彼岸の 花 だから 死んだように 眠る こと 冬を越え つぼ…

昼間の月

はるか上空で 風が うず巻き うなり声を あげている 空には 雲ひとつない 薄い 白い 爪先のような 昼間の月だけが わたしを 見おろしている 昼にも 月は 出ているのだと さがすときには みつからない 忘れていると 不意を突いて あらわれる それもつかの間 …

「おうちへ かえろう」

夜更けに からすが 鳴く からすは 日が暮れたら おうちに帰って みんなで 休むと きいたのは 子どもの頃 夜明けに からすが 鳴く ほんとうは 何もかも 忘れて 休むことのできる おうちなど ないのかもしれない 朝は 朝焼け 夕焼け 小焼け からすの声を きく…

ライムライト

「じゃあね ママ 明日は きっと いい日 失敗のない いい日」 「そうね 明日は きっと いい日 失敗のない いい日」 ママの声が レモン・イエローの 四角い あかりの中で 言う 階段 降りて ぼくは ネオンサインの 涙(ドロップ)の中へ 映画の中の エキストラ …

きみの永遠

いちばん 濃くて 新鮮な ミルク みたいに ちからいっぱい そそがれる 朝の光を まっすぐ みつめて きみは それだけで 満足そうに 目を 細める きみが 少しも おそれないから 「死」も 少しも おそれない まるで 守護天使か 聖母みたいに いつくしみ深い 微笑…

“all the Lonely People” 

何億光年 はるか 遠い どこかの 星の 小さな部屋で 誰かが 幻灯機を まわしている そこに 映るのは 何億年も 前に 生きていた 人たちで いま 映像に 見入る その 誰かにとっては 夢のなかの人 同然 なのだけれど 何億光年も はるか むかし そこにあった 蒼い…

自問自答

空虚だ むなしい と おまえは 深く とがった ため息を つく けれど にわか雨が 気まぐれに おきざりにした あの 水たまりほども おまえの 心が 何かで 満たされたことなど あっただろうか かなしい くるしい と おまえは 涙を流す けれど それは ほんとうに …

「アラクノフォビア」

頭上を 鳥が 飛んでいく 影が 千々に乱れ わたしの 上を 通り 過ぎる その 長い 指先で さがして いるのだ いのちを つなぐ いのちを わたしは 窓を 閉めて 部屋の すみに うずくまる 気づかれ ない ように 風が 侵入する すぐ そのあとを 追って 赤い ツタ…

あひるの庭のアリス

おばあちゃんは 季節ごと 花のたえない 明るい庭で あひるを 二羽 飼っている おばあちゃんは 遊びに来た 孫娘の つないでいた手を やさしく はなす あひるたちが 見ているから 大丈夫 と 四方を 白い柵に囲われた 庭で よく晴れた 空の下 アリスは じっと …

十月の蟬

キンモクセイの 甘ったるい むせかえるような 匂いが 苦しい わかっているよ この香りは ぼくたちの 夏の おわりの 合図 秋の 冷たい爪先が この心臓の さいごの一滴を 搾り取る まで あと すこし 赤い 紅い 秋が 目から 入って 胸から 流れ出す まで あと …